責任あるマーケティング

ビームサントリーは、責任あるマーケティングの実践と厳格な行動基準によって主導的役割を果たしています。当社が、事業内容、ブランド、製品等を世間に発信する際には、常に責任あるアルコール消費の奨励に努めています。

当社の取り組み

  1. ビームサントリーのビジネスは、高いレベルの規定や規準による強固な基盤の上に構築されています。このような基盤の上に、ビームサントリーのマーケティング規定(以下「規定」)を作成し、当社ブランドの責任ある広告とマーケティングへの取り組みを表明しています。
  2. ビームサントリーの従業員、ブランド、パートナーは、この規定を遵守することを義務付けられています。この規定は当社が業務を正しい方法で行う約束を反映しており、ビームサントリー方式というべきものです。
  3. 当社は、業界規準を遵守し、場合によっては同業他社より高い規準を採用しています:

例として、ビームサントリーの独自のルールでは、米国における広告とマーケティング素材は、視聴者の75%以上が法定購買年齢(LPA)を超えると合理的に想定される地上波テレビ、ケーブルテレビ、ラジオ、出版物、インターネット/デジタル通信でのみ提供されることになっています(業界標準は71.6%)。さらに、当社は暦年ベースで、前出の各メディアにおけるブランド表現が、平均して85%以上がLPAを満たす成年向けに届くことを明確にしています。